前へ
次へ

感染症対策は政府の指導が徹底していた

海外に比べて感染症対策が徹底していない、政府の指導力がない、といった声を2月頃はよく耳にしました。特に、野党や事象専門家などからの批判が強く、一生懸命対策を打ち出している政府閣僚の姿を見るにつけ、心が傷んだものです。海外と比較して日本は遅れているという批判は、SNSでも散見され、仕方がないものの、専門知識のない人たちによる野次が飛び交っていたように感じます。しかし、ピークを過ぎてみると、政府と医療機関の連携はきちんと取れていて、水際対策が徹底的に行われていたことがわかります。政府は感染症対策の専門家の話にきちんと耳を傾け、やるべきことを吟味してきました。その結果、日本の取った政策は、ベストではないにしてもベターであるという認識が広がっていったのです。その中の一つ、PCR検査は感染者以外には行わないという方針は、評価すべきです。これにより、限りある医療従事者の安全を守ることを優先できました。

Page Top